ニオイ対策専門店ラムズ・マークス
体臭専門医と共同開発した
『ドクターデオドラント』や、
ニオイに関する商品がいっぱい!
わきが(腋臭・ワキガ)・体臭にお悩みの方
一度ご覧になってみてください。

[PR]
保険-食材宅配-歯ブラシ-歯の治療
お弁当-食育-通信教育-釣り

体臭・加齢臭の原因

体臭・加齢臭の原因は?

体臭の原因

体臭の原因は、いろいろとあります。

体臭の原因1.汗
体臭の一番の原因は汗です。汗をかくと老廃物が皮膚や汗腺に溜まり、それが雑菌を発生させ体臭の原因になります。

2.腸内環境
腸内環境が悪化してビフィズス菌が減ってくると、悪玉菌が増えます。その結果、腸の中でまだ消化されていないタンパク質やアミノ酸が分解されて、アンモニアなどの悪臭の強い腐敗産物に変わります。これらの腐敗産物は、腸管から吸収されて血液に入り、口臭や体臭の原因になります。

3.体調不良・疾患
体調が悪くなると臭い汗をかくようになります。これは汗腺の機能が低下し、本来汗として排出してはいけないもの(糞尿として出されるべき成分など)まで出してしまっているのです。さらに肥満、肝障害、腎障害、糖尿病などの疾患があると血中の悪臭物質が増加し、汗とともに排出され体臭の原因になります。

4.ストレス
精神的なストレスによって汗をかいたり、生理機能が低下したり、皮脂の分泌過多などを引き起こし、体臭の原因になることがあります。

加齢臭の原因

加齢臭の原因「加齢臭」と言ってもピンとこない方もいらっしゃると思います。「おやじ臭」と言ったらわかるでしょうか。 その「加齢臭(おやじ臭)」の原因を、ある化粧品会社が、化学的に解明したそうです。

40歳を越えた中高年の皮膚を調べたところ、若者にはほとんど存在しない「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸の一種が皮脂の中に作られていることが発見されたとのこと。この脂肪酸は、空気中の酸素や微生物に触れることによって発酵し、加齢臭を発生させる原因の「ノネナール」という物質を作り出すそうです。

加齢臭の原因の一つとされる皮脂中の「過酸化脂質」を減らすためには、脂質の酸化を防ぐことが大切。脂っこいものをとりすぎないようにしたり、酸化を促す活性酸素を体内でできる限り発生させないようにして、さらに不必要な活性酸素を消去することが加齢臭対策として重要です。

関連ページ

体臭・加齢臭対策グッズ

ニオイ対策専門ブランド、ドクターデオドラントに注目!

臭い(体臭や加齢臭など)に関する最新情報

スポンサードリンク